引越しで特別に掛かってしまう費用

見積書とは異なる引越し料金は、基本的に支払う義務はありません。しかし、利用者がしっかりと、引越し先の情報や荷物の情報などを正確に伝えていなければなりません。搬出については、訪問見積もりで把握できるのですが、搬入の際に、新居の前にトラックが停められないことや、エレベータの有無などにより作業員や、専用車両や専用機器が必要になるのです。そして、あらかじめ玄関からの搬出や搬入が困難そうなものは、分解や組み立てが必要なことを引越し業者に伝える必要があります。

追加料金の発生

しかしフタをあけてみなければわからない場合も多くあると思いますので、引越し業者の力量に任せるしかない部分もあります。予測できない事態になることが想定される場合には、引越し業者は特別な機器や機材などを用意しなければなりません。また、1階ならば特に問題ないのですが、窓やベランダから搬出・搬入する際には、回数によって荷物の破損の可能性も高まりますので、別料金を設定している業者がほとんどです。
nagoya00 (1)

そして、前項でも説明しましたが、結構多い追加料金の例としては、引越し準備が間に合わずに、引越し業者が当日荷造りのお手伝いをする場合があります。この際には引越し業者からキャンセルをされる可能性もありますし、当然、追加料金を要求されますのでご理解ください。また、時間制で料金設定をする業者もいます。利用者は、輸送中の時間から休憩の時間まで全て負担しなければならなくなりますので、時間制の料金設定をしている業者は避けるべきだと思います。

引越し見積もり時より多く請求される

引越しで最も良く起こるトラブルとして、料金に関することが挙げられます。特に、見積もり以上に請求額が多くなった場合などです。利用者にとっては、悪徳業者に騙されたと思いがちですが、実際にご自身に起因する料金アップも考えられるのです。たとえば、訪問見積もりの際よりも、荷物が増えた場合です。

つまり、引越しを機会に廃棄する予定だった家財をやはりもったいないから、運んで欲しいといったような場合ですね。もしかすると見積書に廃棄する荷物として掲載されている可能性もあります。そんな際には当然、余分の請求があってもおかしくはないです。また、引越し当日までに荷造りができておらず、当日に荷造りの対応をしてもらうなどという場合には、追加料金を請求されます。また、新居の情報として、回数やエレベータの有無、新居の前の道幅などの情報を正確に伝えていない場合には、搬入がうまくできず、余分に時間がかかり、追加で作業員を増やすケースなどもあります。

従って、引越し業者の営業マンには、正確な情報を伝えることが最も大切なことです。引越し業者としても、間違った情報を与えられては、しっかりした見積もりを出すこともできません。
ただし、特別な事情がなく、当初の作業員の前提より余分に作業員を派遣し、増えた作業員の分を請求されるなど悪質なケースもあります。ご自身に起因する要素がなく、多くの請求になった場合には、しっかり、見積もりの内容を主張して、余分な請求分は支払わないようにしましょう。
nagoya00 (4)

引越し荷物の保険

引越し業者は基本的に損害保険に加入しています。荷物の紛失や、破損などのトラブルの際に保険金で賄うのです。保険に加入していない引越し業者もありますが、どう考えても保険に加入している会社の方が安心できます。ただし、引越し業者が加入している保険では、補償を受けられない荷物などもありますので、保険の内容をしっかり把握するようにしてください。そして、引越し会社の保険では賄えない部分については、ご自身で保険に加入するようにしましょう。基本的に保険の加入をしていない会社は信頼できません。保険を渋っているわけではなく、そもそもその会社自体が保険に加入できないケースが多いようです。

つまり、荷物を運ぶ作業員がアルバイトや下請け会社のような場合です。保険会社は、リスクを負って保険商品を販売しているので、作業員の品質が低いような会社が保険に加入することを認めていないのだと思います。破損や盗難などが起きた際に、トラブルにならないように、見積もりの段階でしっかり保険加入の有無を調べましょう。

そして、保険に加入していない業者を利用することは避けましょう。見積もりの中に保険料が含まれている場合は、掛け金がいくらで、どの程度の補償をうけられるのか?をしっかり確認するようにしましょう。おそらく高額な貴金属や現金などは補償の対象外だと思われます。引越し時に高価で貴重なものを運んでもらう際には、特にご自身で別途保険に加入することをオススメします。当然引越し業者が手続きをしてくれます。

特殊な引越し

特殊で、デリケートな商品と言えば、まず筆頭にあがるのがピアノです。ピアノは本当にデリケートで、少しの振動で音色が変わってしまうそうです。従って、数メートルの移動でも心配ですから、ピアノの場合には、ピアノ専業の引越し業者を選ぶことが最も良い方法だと思います。しかしながら、ピアノと他の荷物と別々に引越しのお願いをしてしまいますと、手間もかかりますし、引越し業者の作業効率も下がると思います。

従って、引越し業者のオプションサービスにピアノ配送がある業者を選択する方法が、最も良いとおもいます。しかしながら、ピアノの設置などについては、専門業者の方が安くなると思います。ピアノの引越し料金は、引越し元と引越し先が何階か?階段なのかエレベーターなのか?外吊りか否かなどの条件が細かく設定されています。また、引越す距離が短い場合や、単身での引越しの際には、ご自身で引越し対応をする選択肢もあります。

メリットとしては、費用をおさえられる、好きな日にちや時間帯が決められるなどです。逆にデメリットは、友人知人へのお礼などのほうが高くつく、荷物が破損、紛失しても補償がない、搬出搬入が困難な場合があります。単身での引越しの際には、自力で引越しをされるよりも、赤帽などの軽貨物の業者に任せるほうが、安心でお得なケースも多いようです。費用対効果をしっかり考えて、ご自身で対応するのか、引越し業者に任せるのかを検討してください。
nagoya00 (1)

引っ越し予定日を変更・キャンセル

引越し業者と契約後、ご自身の都合によりキャンセルする場合には、キャンセルするタイミングによりキャンセル料を徴収されます。引越しが中止になった場合や延期になった場合、他の引越し業者に乗り換えたなどの際にキャンセル料が適用されます。

しかし、延期の場合には、引越し業者にもよりますが、キャンセル料を徴収しない場合もありますので、見積時から状況が変化した場合などには、すぐに引越し業者へ連絡するようにしましょう。キャンセル料については、約款に定められています。引越し前日まではキャンセル料が発生しますが、それ以前であればキャンセル料はかかりませんので、覚えておくとよろしいと思います。また、キャンセル料とともに、見積書に記載されている引越し業者が既に着手しているようなサービスの費用についての支払いもしなくてはなりません。

そして、基本的には、地震や台風などにより引越し自体ができなくなったような場合や引越し業者の理由によるキャンセルではキャンセル料は発生しません。キャンセル料も含め、しっかり約款を確認するようにしましょう。また、引越し業者は義務として、引越し2日前までに引越しの見積もりの内容に変更がないか、作業をすすめても良いか?を確認することが義務付けられていますので、キャンセル料が適用される当日や前日の場合でも、確認の連絡がなければ、キャンセル料を支払う必要はありません。

コメントは受け付けていません。