名古屋⇔沖縄の引越しで損をしないために【格安業者はココ!】

予定している名古屋市から沖縄県の各市町村へ、沖縄から愛知県の名古屋市への引っ越しの費用を安くするには一括見積もりサービスを使った方が良いでしょう。利用料金は無料!わずかの手間で全国的知名度の大手と地域密着の中小の会社から見積もり価格がメールされてきますのでかなり重宝されています。サービス登場以来、延べ1,800万件を突破した利用実績があるスタンダードな有名サービスとして定着しています。

nagoya00 (5)

引越し料金が値上がりするのは3月・4月だけではないことも重要なことです。月の下旬には賃貸マンションなどの契約の関係で引っ越し予約が多くなります。ちゃんと見積もりを貰ってコストパフォーマンスの良い業社を選定することが必要です。さらには一週間の中でも、多くの人がお休みの週末と祝祭日に引っ越す人が多くなりますから、土日料金を上乗せする会社も少なくないと言われています。

nagoya00 (7)

引越し荷物の梱包に無くてはならないのがダンボールなのですが、このダンボールの入手の仕方を知らないんだけど・・・、そのように心配している方もあるいはいるかもしれませんが、引越し業者を利用する人なら業者さんから貰えます。普通は料金にダンボールが含まれていて実質的に無料でいただけますが、有料オプションで提供する業者の極小数存在するので見積もり比較の時に合わせて確認しましょう。あまりにも安すぎるなと思うような業者に頼もうかなと考えている人はダンボールが無料提供されるのかどうか注意するポイントのひとつです。

nagoya (1)

単身でも荷物が多い人やダイニングテーブルや大きな机などがある方は単身引越しパックを使うのは困難だと考えるべきでしょう。独身や単身者であってもジャストなサイズのトラックにて業者に運搬してもらうのが安い引越しのコツになるのですから。その理由もあってか、大手引越し会社では単身引越しの定額のパックを用意せず「要見積」になっている業者も多いのです(サカイやアートなどはこのタイプです)。

nagoya (2)

nagoya (3)

nagoya (4)

名古屋⇔沖縄の引越しで最安価格の業者の値段を知るにはコレ! >>> Click!!

 

 

 

 

 

nagoya (5)

引越し手段のうち「トラック帰り便」は、業者の予定次第となってしまいますので、利用したくても厳しい!という方もいるかもしれません。さりとて例をあげれば、長距離引越の場合は格安引越しが実現できますので、「引越しにかかる費用は、絶対に少なく!」そう思っている方にはとにかくお勧めです!家具だけの引越しとなるとき、関東圏もしくは関西圏なら便がとても多いので、興味がでてきたら業者に聞いてみて下さい。

nagoya (6)

愛知県名古屋市と沖縄間の引越しで損をしたくないなら、出来るだけ多くの業者に見積もりを申し込みましょう!。直に目で見て比べてみることによってしか最安値を提示してくる業者がどこなのか、他に知る手段はないのです。そして、頼む予定の業者にその業者が自宅に訪問見積もりに来た時に、算出して提示された見積もり額が適正なのか、それともふっかけられているのかの判断が出来ますよね。もう1つ、訪問見積もりにやって来た業者さんに他社の安い価格を告げましょう。そうすれば数万円の値下げが即決されることもあります♪

nagoya00 (1)

目安的な相場料金としては以下の通りです。

名古屋-沖縄間の引っ越しで掛かる金額はひとり暮らしでも数十万円はみておいた方が良いでしょう。仮に3世代住宅に越すようなケースでは100万円をらくらく超えることになると思います。※これは一般論の相場金額と考えてください。引越しは言ってみればオーダーメイドですから個別の状況で引越し料金は一定金額ではないことを認識しましょう。

nagoya (7)

nagoya (8)

i-nagoya

 

 

 

 

 

nagoya (9)

単身パック最大のデメリットというと、状況次第では料金が予想より高くなってしまうところです。理由ですが、専用ボックスの最大容量を考慮に入れても、荷物があまりない方に向けた輸送手段なのですから。例えですが、本や服、雑誌等たくさんの趣味の荷物がある人は、あっという間にボックスの限界に到達するのです。そういう方には、残念ですが別のサービスを利用してもらうことを勧めます。

引越し業界でいう「混載便」とは、引越し先が比較的近い場所にある方々の積荷を一括輸送するというものです。トラックに全ての荷物を集約して運んでいく仕組みなので、その分高速代も人件費も浮き、安価に抑えることができるのです。つまり、近距離引越しをできるだけ安く行いたいときに便利なのです。例えるならば、「割り勘」に似ているでしょうか。ただし、配送時間は指定できない可能性が高いので注意する必要があります。

引越しのやり方のうち1つ、「チャーター便」の存在を耳にしたことはありますでしょうか。チャーター便を簡単にまとめると、以下のようなものです。・引っ越し業者に頼み、ドライバーを派遣してもらう。・業者からトラックが借りられる。・荷物の運び出し、運び入れは依頼主自身で行う。端的にいいますと、引越し料金節約に役立つ方法のうちの1つなのです。

nagoya00 (4)

引っ越し荷物ができる限り短時間で新居に届いてほしい!という方や、荷物を旧居から全て送り出した後は新居にしか宿泊場所がないのならば、ちょっとコストがかかりますが、チャーター便の使用が無難だと思います。が、例えば実家から独立する方のように、荷物だけ先に新居に送ったとしても実家など泊まる部屋を確保できる方は、いつ荷物が来るかわかりませんが、そのかわり料金を抑えられる混載便の利用をオススメします。

利用者の引越しのスケジュールや、荷物量の多さなどからいろいろと判断をしてフリー便を使うことが問題なければこの手段で引っ越すことに決めてもよろしいでしょう。

旧宅から搬出した引越し荷物の搬送方法には混載便、チャーター便などがあります(業者によって名称は様々です)。県外の引越しでは都市と都市の組合せによって業者の得意とするところがあったりするので、そんな場合には業者間の価格に開きが出るので一括見積もり比較でしっかりとチェックしてみてください。

コメントは受け付けていません。